食物繊維を摂取する理由

食物繊維を摂取する理由

食物繊維を摂取する理由

体の中を掃除して新陳代謝を高めることは、食物繊維の大事な摂取理由となります。食物繊維は腸内に入り込んで、蠕動運動を活発にさせたり、善玉菌の餌にもなります。蠕動運動が活発になれば、腸内で滞っていた便が排出されて、お腹の状態もすっきりします。体内の老廃物が排便とともに除去されることで、若返りも促進できます。

 

太り過ぎや血糖値の急上昇を防ぐことも、食物繊維の摂取理由となりますから、食べる順番が大切です。主食から糖質を摂取する前には、野菜や海藻をたっぷりと食べれば、食後の血糖値上昇を抑制できます。多糖類の働きによって、糖質が腸へ吸収される時間を遅らせるために、太り過ぎを予防するためになるわけです。

 

人間は肉食動物ではありませんから、肉ばかりを食べていれば、胃腸に大きな負担をかけてしまいます。食事中に野菜類を十分に食べていれば、食物繊維や消化酵素の助けが得られ、栄養が効率よく吸収できます。一方で野菜が嫌いな人の場合には、血中のコレステロールや中性脂肪の数値が高くなる傾向があります。

 

現代の食事形態では、野菜の摂取量が少なく、肉などの高脂肪な食材の摂り過ぎが問題となっています。このままでは問題ですから、昔の食事を参考にして、玄米や麦を食べる習慣も見直されています。


ホーム RSS購読 サイトマップ